20代男子の集中投資@YoutenBlog

株式投資/糖質制限/水泳/サラリーマン/20代

【3分で読める】料理初心者が、包丁を新調するために種類を超ざっくり調べてみた件

最近自炊することが多くなり、包丁を新調しようと思ってざっくり包丁の違いを調べてみました。結論から言うと、特段こだわりがなければ、コスパ重視なら肉、野菜、魚が切れる三徳包丁の購入が無難なようです。

 

▪️包丁の種類

・三徳:肉、野菜、魚に幅広く使われている万能包丁。料理初心者や包丁を複数持ちたくない方におすすめ。

・牛刀:肉、ハム、魚などの薄切りや筋切りに適している

・ペティ:野菜の皮むきや筋切り、果物ナイフとして利用される。用途が広く、小回りが利く

・菜切:千切りや桂剥きに適している

・出刃:魚の調理に適している

・刺身包丁:刺身を引き切りできるよう刃渡りが長くなっている

・パンナイフ:柔らかいパンが切りやすいよう、刃先が波型やギザギザになっている

 

▪️包丁の材料

・ステンレス:鉄にクロムを8%以上混ぜた素材。鋼の錆に弱さを克服した素材。錆びにくくシャープな切れ味が持続。やや研ぎにくい。

・割込:切れ味の鋭い鋼を錆びにくいステンレスで挟んでいる

・セラミック:金属ではなく陶器のため、鋼にくらべてとても硬い。耐摩耗性に優れ、刃先が錆びにくく切れ味が長持ちする。ただし硬さ=脆さのため落とすと割れたりかけることもある。

家庭用ではステンレスがよさそう。

 

 

最終的に迷ったら、国内シェア40%と高いシェアをもつ貝印という刃物メーカーの関孫六(せきまごろく)の包丁はお手頃かつ、品質も高いわけではないですが、無難につかえるのでよさそうです。

 

あ、ネットで購入する場合は、必ずレビューを確認することと、さくらチェッカーなどのレビューの信憑性のチェックは忘れないようにしましょうね。