20代男子の集中投資@YoutenBlog

株式投資/糖質制限/水泳/サラリーマン/20代

効果的な節約術とは

投資資金の確保として節約は非常に有効な手です。

 

投資資金を潤沢にするには、

選択肢は2つしかなく、

一つは収入をあげること、もう一つは節約をすることになります。

 

収入を増やすのは、並大抵のことではなく難易度が高いです。

 

そのため、即効性があり、簡易的な節約をおすすめします。

 

ただし節約のやり方を間違えると、

自己満で、徒労に終わります。

 

悪い節約の例としては、

数百円の物を買うのに、

一円でも安く買おうと、スーパーのチラシを集めたり、色んな店舗を回ることです。

 

もともとの金額が小さいので、

最安の商品を選択できたとしても

たかだか数十円の徳にしかなりません。

 

よくチリツモと言われますが、

積もっても大した金額にならないのでやめた方がいいです。

しかもかなりの時間を費やすことになるのでコスパも悪すぎます。

 

時間はお金では買えないので、

費やした時間を考えれば損失にしかなりません。

 

ではどのような節約が正解なのでしょうか?

 

答えはシンプルで、

大きな買い物を控えることです。

 

大きな買い物を控えるだけで、

チマチマした節約より大いに効果的です。

 

十万以上の買い物をする時は、

一度考え直した方がいいかもしれません。

 

それでも欲しいと思った場合は、以下を考えてみましょう。

購入基準としては、

その商品及びサービスを購入することで

時間が短縮できること、

自分の目標達成に必要なこと、

他購入物で代替できないもの、

生活をより豊かにするもの(機能的であること)、

かと思います。

 

私のなにかを購入する場合は、

必ず上記を考えた上で、判断しています。

 

大きな買い物を見直すだけで、

かなりの節約に繋がります。

 

決してチマチマした節約をしてはいけません。

時間の無駄と精神的ストレスに繋がります。

 

ドカーンみたいな買い物を控えるだけで、支出が抑えられることは間違いありません。

前回ご紹介した給料天引き投資と合わせて活用すると、圧倒的に投資に回せる資金が増えます。

 

ご参考にして頂ければと思います。